カーブ注意

  • 2018.07.02 Monday
  • 17:00

 

本日お昼過ぎに青森A-lineが開催されたモヤヒルズから日本海側を下って帰宅しました。

帰宅してすぐにこれからしばらく出店もないので車から荷物をすべて降ろしたりの作業をしていました。

それにしても青森帰りの身には新潟の暑さは堪えます。

 

青森の先週末、日中ずーと☂マークの予報が出ていた2日間でしたが…はっきり降ったと認識できたのは初日お昼過ぎくらいだったかな?30分〜1時間程度のゲリラ豪雨くらいの(ただそれでそれまでいらっしゃったお客様は蜘蛛の子を散らしたように解散してしまい効果は絶大でしたが…)青森もそれなり暑かったけどお天気に恵まれました。

お買い上げお立ち寄りいただい皆さまありがとうございました。

暑い中お弁当の配達やごみの回収までして下さった大勢のスッタフの皆さまありがとうございました。

 

話を巻き戻すと行きは一端福島・会津に出て山形、秋田の内陸部を中央突破して青森に到着。

金曜日午前中に10月に出店予定のクラフト小径の会場の下見、その後竜飛岬までドライブ。

午後から前日搬入。

印象では半分近い出店者の方が前日搬入されていました。

私の出店場所は舗道がちょうどカーブしているところ…半分近くとは言ったけれど私の両側とも隣とそのまた隣の4店どなたも搬入されておらず、私だけが自分のブースにテント張って無事前日搬入終了。

 

そして翌朝は6時に会場に入ると、まだ私の両隣の出店者さんはお見えになってなくて、そのまた隣の出店者さんがテントを張ったままぼんやりしている感じ…その理由が私もすぐにわかってしまいました。

というのは私たちが指定どおりにテントを張ってしまうと(私はすでに張ってしまった後でしたが)私たちの間のお隣さんは後方の幅が狭くなってテントが張れなくなってしまう…私も以前他のイベントでしてやられたことがあるカーブ出店場所の落とし穴?そのまたお隣さんも昨年同じA-Lineで同じような事を経験されていたということでその共通認識で、とりあえず一応スタッフのお一人と相談させてもらったんですが…「出店者同士で上手くやって下さい」的な基本おおらか運営方針。

それはそれでいいのですが…別の安全面的なところはもう少し目配りしてもらいたいなと…ただあれだけ大勢の(ほぼボランテイアと思われる)スタッフさんを動員するとなるとこんな感じになるのかな?なんて思いながらいつ来るかもわからないお隣の出店者を待っていても仕方がないのでとりあえず当事者2人で相談した結果が、私が指定されたところよりも斜め横に芝生ギリギリまで出てその分私の反対隣の2店には幸いまだいらっしゃっていないので事情を説明して少しづつずれてもらおうということで話がまとまってその後周りの出店者さんにも恵まれてそれでなんとか上手くいきました。

 

         CIMG3987.JPG

前から見ると私のテントだけずうずうしく前に出ている感じに見えますが…

 

          CIMG3986.JPG

後ろから見るとこんな感じの密集状態。

私のテントは2.5mなのでまだこれで良かったけれど…これが3mだったらもっと厄介なことになっていたと思います。

 

前日搬入で自分のテント一つだけだった時には気づきませんでしたが…そのまたお隣のテントが立った様子を見てそれでも早めに気づいて品物を出したりしてからまたバタバタするようなことにならずに済んで本当によかったなと思いました。

 

そう考えれば以前このカーブの落とし穴?で嫌な経験をしたのもいい経験値になったなあ〜と思った次第です。(詳しくは以前のブログで)

そのまたお隣の方も自分が逆の立場になった時の経験値でご自分の作業を中断されて待っていてくれた訳でお陰で2日間ギスギスすることなく穏やかにお天気にも恵まれた2日間をすごすことができました。

 

今後も運転も出店も曲がり角には気をつけたいと思います。

 

 

           

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

teorimano.com

手織りMANOのホームページアドレス。 商品販売や出店情報等を掲載しています

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM