絣染

  • 2020.01.09 Thursday
  • 12:18

 

というほどしっかり柄を考えて縊った訳ではないけれど…糸綛の部分部分を縊ってから染めているので絣染ということにして

 

         

 

染めようと思っていた綛すべてゴムテープで縊り終えてから

 

           

 

最初は一般の糸の綛染のように綛に棒を渡してぐるぐる回しながら浸ぜん染をしようかと思っていたら、防染材がゴムなので滑りが悪くてダメだということに気がつき、防染部分も広いし綛も乱れないだろうということで、棒をやめて綛をそのままドボンと染液につけて煮込むことにしました。(画像が湯気等でわかりづらくてすみません)

 

 

 

          

 

絣染のここでのポイントが時間をかけてじっくりやっていると防染しているところにまで染液が染み込んでいってしまうので、手早く(いつもより高めの温度から染め始めたり、マイグレーション(?だったかな)の時間を短めにしたりして)染め上がるということ

 

染色後は縊ったものが綿糸だったりする時は綛を一旦乾燥させてから防染材を外していくんですが…今回はゴムだし、そのまますぐに防染したところを外してから糸を濯いで干しました

 

 

           

 

           

    まずはセロファン紙でカバーしてからゴムテープを巻いていました

 

          

      防染箇所はほぼほぼ染まらないままのパンダ状態

 

        

           

 

冬のこの時期干し終えたのはいいけれど…このままだといつ頃乾くのでしょうか?

 

 

 

        

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

teorimano.com

手織りMANOのホームページアドレス。 商品販売や出店情報等を掲載しています

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM