そうありたいけれど…

  • 2018.07.07 Saturday
  • 06:51

 

先週末の青森A-lineの出店が終わって、9月までは出店せずに地元で活動予定なので今週はだらだらと過ごしていました。

 

青森A-lineでお客さんのお一人が「猫も杓子も南部裂き織りをやっている」とおっしゃられていたり(ちょっと大袈裟な表現のような気もしますが)来場者が持ち歩いている裂き織りのバックの多さも印象的で私自身も青森は手織り経験者が大勢いらしゃるな〜と個人の肌感覚では感じています。

 

でも‥だからといって今回も染織関連の出店が特別多いわけでもなく(お洋服屋さんはそれなりに多いように感じたけれど)手織りのものが飛ぶように売れたということはまったくありませんでした。

 

今回お隣になった木工の若い出店者の方が「初めてこうゆう手織りの方の隣になりました」なんておっしゃってくれて私もそうありたいと思うんだけれど…実際は売れた主力は手織り製品(<服)ではなく…(→だから染織関連の出店も多くはない)なんとも心苦しさを感じたりもしました。

 

自分の中では手織り製品を一番見てもらいたいという気持ちと、ただそれだけで出店するリスクが大きいという気持ちを抱えてこの先もしばらくいくのかな?なんて考えたりもしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

teorimano.com

手織りMANOのホームページアドレス。 商品販売や出店情報等を掲載しています

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM