苦手意識

  • 2018.01.08 Monday
  • 22:15

 

が芽生えてきています…「何に?」と言われれば…ざっくりとマルシェ的なイベントにというところでしょうか?

 

クラフトイベントとマルシェのイベントと何が違うのかといえば私もよくわからないのですが…私なりに感じるのはクラフトの方は仕事感覚で出店される方が多く(出店料もそれなりですし)、マルシェの方は基本趣味と実益を兼ねて週末を楽しみながら気軽に出店をされる方が多いのかしらとも思います。

 

それを承知でたまに今回の雪見展のような感じで出店させていただくので、自分なりになるべく感度を落としておだやかに出店させていただこうとは思ってはいたのですが…それがなかなか難しかったです。

 

口は災いの元なので出店中はなるべく口数少なくを心がけてはいたのですが…終了時、朝アナウンスされた搬出時間前にみなさんが荷物を運び出し始めたので確認のためスタッフに聞きに行ったら「それでいい」とのこと、それでついついお近くだった県内各地のマルシェに出店されているという常連さんっぽい方にそれをぼやいたら…「私は主催者じゃないのでそんなに不満だったら主催者に言ったらどうですか?」と切り返されて言葉に詰まったものの「だからスタッフに聞いたら搬出OKと言われたけど、朝の話だと○時までは搬出できないようなこと言っていましたよね?」、だからあなたもさっきまで私と同じ共通理解の中「お客さんの車の関係で○時にならないと駐車場に車を入れられないですよとか食品は完売しているから早めに撤収できる」とか言っていたじゃないですか?とそこまでは言いませんでしたけど…私は「そうゆう風に聞こえたよね。」って確認したかっただけなんですが、その予想外の反応に「自分は口数を少なくしたつもりだったけどしつこく感じられたのかな?」と反省しました。

 

要はこんな感じのマルシェを主に出店される方々とあまりお付き合いがない中、ついついクラフトイベントの感覚で私の話やふるまいで失礼がないように慎重にしていたつもりでしたが…結局のところはまたマルシェの地雷を踏んでしまったようです。

かといって地雷を踏まない術を身に着けるべくこれからどんどん苦手に立ち向かっていこうなんていう気持ちも持てそうもありません。

 

最後になりましたが、お買い上げ、お立ち寄りいただいた皆様、雪見展のスタッフの皆さまお世話になりました。

ありがとうございました。

来年出店させていただけることがありましたらより一層慎重に振る舞えたらと思っています。(無理かな?)

 

             

               池田記念美術館外の池にできていた雪の文様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 22:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    teorimano.com

    手織りMANOのホームページアドレス。 商品販売や出店情報等を掲載しています

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM