ウナギ皮

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 09:07

 

2年くらい使い続けた自作の裂織り生地長財布がボロボロになってきているので

 

         CIMG5016.JPG

 

時々次の財布のことを考えるようになっていた矢先に引き出しにしまい込んだままになっているウナギ皮の財布があったことを思い出しました。

思い出したきっかけは先週のやさとでのお客様がお支払の時にお財布を出しながら「いいでしょう〜これ!ウナギ皮の財布なの」的なことをおっしゃって下さったからです。

 

            CIMG5018.JPG

 

この財布、確か私が10代の頃、父親が静岡に旅行に行ったお土産に買ってきてくれたものです。

当時は若い娘が到底使わないような↑財布を渡され、父親のそのセンスのなさにため息をついたものの(大体当時ウナギなんて今のような貴重感もなかったし)…どうゆう訳か?使わないまま引っ越しのたびに持ち歩いていて、久しぶりに手に取ってみたらカビも生えてなく今も使える状態だったので、昭和→平成→令和のこの年になってからありがたく使わせてもらうことにしました。

 

             CIMG5019.JPG

 

財布を開くと、カードを入れるところとかはもちろんなくて、がま口パッチンはマストだったのかな?

 

           

       

            

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    teorimano.com

    手織りMANOのホームページアドレス。 商品販売や出店情報等を掲載しています

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM